FC2ブログ
さて,今日はどんな日だった?
 
 
 
 
悲しい悲しい悲しい。。。
 
 
【2012/09/16 19:53】
 
 
えっと。
ぷらんちゃんと「元素のふしぎ」に行ったり,
あむが「ほえっ!?」なことを言い出したり,
いろんなことがあった週ではありますが。

どうにもこうにも。。。
なのでちょこっと独り言です。

昨日,ボランティアに行った。
7月にお亡くなりになったKさん。
彼女はこのボランティア団体の中核をなす方だった。
そんな関係で,遺族の方が彼女の「闘病記」を作ったからと,
寄贈してくださった。…らしい。

サロン室に置いてあった。

そりゃ確かに,華美を嫌う方らしく,とっても簡素な作りだったわよ。
もしかしたら,サロン室に常備してある「年次報告」と間違えたのかもしれないわよ。

でも。。。

彼女の最後の言葉が記されたその冊子の表紙の隅に,
ボールペンの跡。(試し書きをしたと思われ)
食べこぼしの跡。(何か食べながら読んだと思われ)

裏表紙には
油染み。

そしてページをめくると,
消しゴムのカス。

……………。。。。。

悲しかった。

悲しかった。

悲しかった。

………

あんまり悲しく腹立たしかったので,
担当終わった後,文房具屋に走って,
半透明のブックカバー買ってきた。

事務局の方につけてほしいとお願いすると,
「私はきれいな状態のときに読んだから。
(こういう状態になっていることは知らなかった)
ここ(サロン室)は,物を食べたりするから…」

だそうで。
ほーそーですか。
汚して当たり前なんですか。
怒ったりしちゃいけないんですか。


…なんかな。。。。。

スポンサーサイト




 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

そりゃ、私も怒ります。
むらむらむらむら、怒ります。
で…
本を作る人たちをそばで見ているんで、
私だったらこうするということをば。

御遺族の方に、「ご出版の一助に」と、
ささやかながら金一封をお渡しします。
そのときに「自分でもほしいので」と、
一冊所望いたします。
もしもうなかったらお気になさらないでください、と
申し上げもいたします。

もし、ここで、二冊お願いできるようでしたら、
自分のために一冊を、もう一冊はカバーをかけて、
事務局の戸棚に「永久保存」とでも書いていただいて、
きれいな状態で保管していただけたらうれしいなと
思います。

本を自費出版するというのは、お金がかかります。
発行部数にもよりますし、印刷屋さんにお願いしたか
どうかでも違ってきますが、お香典の金額程度でも
お金を包む人がいてくれた、というだけでも、
御遺族の方たちは「わかってくれる人がいた」と
感動なさると思います。
【2012/09/17 07:23】 URL | ぷらん #9XlUtjPo [ 編集]


んでね、事務局の人はあんぽんたんだ!!!
想像力足りない!!!
いつもどういう人たちが来ているかくらいわかるでしょう!!!!
Kさんがどういう方だったのか知らなかったとは言わせない。
人の心を感じようとしない。
本というものへの敬意を知らない。
ああもう、朝から腹立っちゃってどうしようもない!!
【2012/09/17 07:29】 URL | ぷらん #9XlUtjPo [ 編集]

ぷらんちゃん
> そりゃ、私も怒ります。
> むらむらむらむら、怒ります。

>ああもう、朝から腹立っちゃってどうしようもない!!

ぷらんちゃん,怒ってくれてありがとう。

私は,だれかに一緒に怒ってほしかったんだと思う。

「ひどいよね!」
「信じられない!!!」って,

一緒に怒ってくれるだけで,
こんなに泣けてくるものだとは思わなかったよ。

なんかもう。。。
最近,ぷらんちゃんに助けられてばかりだ。(涙涙涙)


サロン室は,電話相談ボランティアの人たちが利用するところなの。
こんなに苦しい,寂しい,つらいって気持ち,
私でよければ聞くよ…って人が集まるところなの。

だからかな。
優しい方が多くって,
私はとっても居心地がよかったの。

だからよけいに…踏みにじられた思いがした。

で,アドレナリンが出まくっていたみたいで,
体のほうがついていけず,
階段こけて,両脛思いっきりすりむきました(^^;)

もっと筋力つけなくちゃ…と思ったのでしたマル

本のこと,アイディアをありがとう。
ふみゅ。
よい案だけど,
「ご遺族の方に連絡をとる」がひじょーに高いハードルだ(^^;)
検討いたしまするm(_ _)m
【2012/09/17 18:05】 URL | そら #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/09/18 15:12】 | # [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://vvvsoravvv.blog94.fc2.com/tb.php/811-253afdb5

 
 
 
▲TOP