FC2ブログ
さて,今日はどんな日だった?
 
 
 
 
ぐるり回って
 
 
【2010/11/30 19:30】
 
 
レントゲンを撮ってくれた病院からの帰り道。

考えたのは,

1.まだ手術すると決まったわけではないので,このまま若くてきれいな(!)女医さん,△△先生の診察を受ける

2.候補から外していた整形外科病院(☆☆病院)に電話して,その病院が手術対応しているかどうかを聞いてみる。

…この病院は,先生の口は悪いけど腕は確かという評判がある。
…私も,じじが小4のときに鎖骨を折ったとき(今回と逆の右鎖骨)通って,
…悪くない印象を持っている。
…ただ,ここの医者は滅多なことでは手術を勧めない
…入院施設があるかどうかも分からない

3.ぷらんちゃんに聞いてみる(ぷらんちゃんのお家のそばだと,とても通いにくいだろうなぁというのがネック)

夜,とーちゃんから電話。
相談してみたら,とーちゃんも,☆☆病院に聞いてみたら?とのこと。
そういえば,とーちゃんも事故ったとき,☆☆病院に通ったんだった。
とーちゃんも,きちんと対応してくれた…という印象を持っていたみたい。

で,夜間診療が終わる頃,☆☆病院に電話してみた。

ボロいから入院施設がないだろーとたかをくくっていたけれど,
意外にも手術対応しているとのこと。
明日連れていきますと伝えて電話を切った。

そして火曜日の今日。
☆☆病院に連れていく。
☆☆先生,以前よりもさらにパワーアップして,
厚生労働省や検察の悪口を言いながら診察。
当然,まず最初に接骨医に行ったこともお気に召さなかったようで,
ガンガン怒ってきた。
○○病院のことも「(以前は気軽に会えたのに,今じゃなかなか会えない)AKBみたいだ」と言って怒ってた。
カラッとした怒り方なので,笑って聞いていたけどね。

それはおいといて。

結果,
骨が激しくずれているわけではないので,このままくっつくのを待つ
…ということに相成りました。

ぐるり回って
小4のときと全く同じところに落ち着いたけど,
ま,いっか(*^_^*)

病院から帰ってきて,
たっぷりお昼寝しましたとさ。

        おわり
スポンサーサイト



 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
いやはや
 
 
【2010/11/30 19:19】
 
 
月曜日。
○○病院に行くべく,HPを見てみたら,
完全予約制と書いてある。

なるほど。待ち時間を短くするための措置なのね。

と,朝イチで電話。

簡単に経緯を話して,××先生で(午前中が××先生の診察日であることも,HPで確認済)とお願いした。

ら。

「紹介状はお持ちですか」と聞かれた。
ない旨を告げると,紹介状をとってから,もう一度電話しろとのこと。
そしたら午前中に○○病院に行けないかもしれないじゃんと思った私は,
ちょっとゴネてみた。

そしたら,レントゲン検査から始めることになるけれど(つまり,また一からやり直しだよという意味)と言いつつ,しょーがない,予約を取ってあげましょう…みたいな感じで,

「一番早いのは…12/1ですね」

はい?
今日は診てもらえないんだ('◇')ゞ

とりあえず,「一番早い」とのたまう12/1を予約。

だったら,紹介状をとる時間もあるじゃん。
ということで,
レントゲンを撮ってくれた病院に電話。
紹介状を書いてもらい,午後の診察時間(3時以降)にもらいに行く約束をとりつけた。

で,
もう一回,○○病院に電話。

「紹介状をもらいに行くので,予約日を早くできないか」と聞いてみた。

今度は,
「紹介状があるんですね。でしたら電話は×××-××××にお掛け直しください。こちらの予約は取り消しておきます」
だって。

はぁ,そうですか。
×××-××××に掛けてみると,

「○○先生ですか?○○先生は手・指専門の先生なので,鎖骨は診てもらえるかなぁ」

と,衝撃の事実('◇')ゞ

早くそれを言ってくださぁ~い。
「近所の病院では不安なので…」と話をすると,
先生に確認をとってみるとのこと。

で,電話待ち。

2時間くらいして,入電。

「○○先生は,やはり違うみたいなので,△△先生で予約をお取りします」

…もう何でもええわ(-.-)

「あと,これもお伝えしておこうと思ったんですけど」
と,予約センター(?)の兄ちゃん。
「手術が立て込んでまして,手術をご希望ということでしたら,12月中旬以降になります」

('◇')ゞ

…その頃にはもうくっついてるだろー。手術する意味,あんのか???

訳分からないながらも,
「一番早い」とここでも言われた12/1に△△先生の診察を予約。

紹介状をもらいに,電車でレントゲンを撮ってもらった病院まで。

病院の窓口でもらえたのだけど,
12月中旬に手術することについて,医者の意見も聞きたいと思ったので,
ついでに診察時間を割いてもらった。

ら。

「私は専門医でないので分かりません」

ん???
ここは整形外科…じゃないんだ('◇')ゞ
確かに看板には人間ドッグ・内科と書いてある。
…しばし考え納得。
確かに接骨医と整形外科医はライバル関係にあるからね。
接骨医がレントゲン写真を見たいと思ったら,
こういう検査病院に依頼したほうが都合がいいわけだ。

とすると。
「手術したほうがいい」と言ったのは,
この先生じゃなくて,接骨医の先生だったのね。

ふみゅ。。。
なんつーか。。。
切り売りですなぁ。。。。

何はともあれ,「12月中旬」に納得いかない私。

さてさて,ど~したもんか。

と,電車の中であれこれ考えてしまったのでした。

            つづく


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
どうしたもんだか
 
 
【2010/11/28 18:19】
 
 
土曜日。

じじは,
タイミングよく帰ってきてたとーちゃんに連れられて,
整形外科でレントゲンを撮ってもらい,
その後,かのメディカルトレーナーのいる接骨院へ。

レントゲン写真を見ると,ポッキリ2つに折れていて,
顧問の先生が心配していた「骨片が残っている」という状態ではなかったらしい。
けれども,
前日,整復してもらっていたはずの骨が少しずれていて,
「ラグビーを続けるつもりであるならば,手術をしたほうがいい」と整形外科医。

完治までにかかる時間は手術をしても自然治癒に任せても同じだとも言われたらしく,「手術はイヤだ」とビビるじじ。

「1週間で軽く骨がついてくるので,それまで安静にし,
期末試験(12/6)が終わってから手術してもよいのでは」とは
接骨医の話。
一晩でずれてしまった骨をもう一度元に戻し,
何度も整復していると,「偽関節(ぎかんせつ)」ができてしまうので,
もうこれ以上は整復できないとのこと。

くっついてから手術する…って,
あまり意味がないような気もするんだけど,ど~なんだろう?

もし手術するとしたら,
「難しい手術ではないので,近くの病院で十分だと思います」と整形外科医。

近くの病院…って,ロクでもないところしかないんだけど(!)
どこに行けばいいんだろ~?

(-.-)

いろいろと考えてしまう私。

そして,1日たっても痛みが全然引かないじじは,
こんなんだったら早く日常生活に戻れる手術のほうがいいかもしれない
…と考え直している模様。

(-.-)

土曜日は,たまたまじじの学校の懇談会だったので,
私は高校に赴き,担任の先生にじじの状態を話し,
今後何かとご迷惑をおかけすることをおわびしておく。

ついでに顧問の先生にも会ってくる。(というか,会ってお話がしたいという顧問の先生の伝言を担任の先生から聞いたので,しょーがないから会いに行った)

とーちゃんから電話で聞いた整形外科での話を伝える。
そして私と先生のQ&Aコーナー。

私「鎖骨を折った子は今まで何人いましたか?」
A「ここ数年では2人です」
私「その2人は手術しましたか(いわゆる「ボルトを入れる」とヤツね)」
A「一人はボルトを入れっぱなしにしていました。もう一人はボルトを入れ,その後,外す手術をしました」

ふむ。そうか。

(はっきり言わなかったけど)話の感じだと,
タックルなどの当たりが怖くないのは
自然治癒よりボルト入りのほうらしい。
確かにね,金属入っていたらサイボーグみたいで強そうだ。

みゅみゅみゅ。

どこに行けばいいんだろ~。

ということで,じじが中学生のとき,同じバレーボール部に所属していた子の
お母さんに連絡をとってみた。

その子は左手の中指を骨折しているのに気づかず放置した結果,
このまま曲がらなくなる…と近所の整形外科医に言われ,
どこかの医者にかかって治してもらったはず。

お母さんは不在だったので,事の次第をお父さんに話したら(この子とは幼稚園から一緒だったので,お父さんとも顔見知り。なのでお話できた),すぐにお母さんからも丁寧なメールをいただいた。

「リスクとか今後のことを考えて,治療を組み立ててくれる。
私はお勧めできる先生だヨ」

なるほど。
○○病院の××先生ね。

2駅ほど先だけど,行けない距離じゃない。

とりあえず,月曜日には○○病院に行き,
今後のことを相談してみよう。
手術するとしたら,その先生にお願いしよう。

何となくの方針が定まって,
ちょっと安心。

(^^;)

さて,とーちゃん。
今回,とーちゃんがいてくれたから,
じじを2つの病院に連れてもいけた。
(私は車の運転ができない)
なので「ありがと~♪助かったよ♪」と言ったら,
「オレは(日頃忙しく働いていて)疲れてるのに」とかわいくない返事をしてたけど。

「明日,じじを美容院に連れて行けよ」と言い出した。
はい?
「頭,洗ってもらえばいい」

…なぜに頭を洗うことにそんなにこだわる???

今はじっとして,骨がずれないようにするのが大事なんだから,
ムリな体勢でムリなことをさせないでよ。
と私。

ムリじゃないだろ。
と,とーちゃん。

やってみ?首に力が入るでしょ。鎖骨に響かないわけないじゃん。
と,私。

分かんないし。
と,とーちゃん。

こちらこそ分かんないわ。。。

深夜。
にゃんちゅうの帰宅を待ちかまえたかのように(!)
とーちゃんがこんなイラッとすることを言うんだよ…と訴えた。
にゃんちゅう,
「定年後,パパとママが一緒に住んだら,ママ,すぐに家出してきそうだね」
と大笑い。
「にゃんちゅうの家に,『パパがこんなこと言い出したぁ』って泣きつきに行くかもよ」と私が言うと,
「困るわ~」と,また大笑い。

ま,とーちゃんもじじが心配なんだよね…というところで落ち着いた(^^;)

           いちお,おわり


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ポキッ
 
 
【2010/11/28 17:29】
 
 
金曜日,じじが左鎖骨を折った。

夜9時頃,顧問の先生から電話があり。

タックルの練習中,鎖骨を折ったので
メディカルトレーナーの接骨医のところで整復して,
今から車で送るから…とのこと。

(-.-)

ラグビーはけがの多いスポーツだし,
じじ自身もけがの多い子だったし。

私はもう慣れっこになっていると
思っていたのに。

自分でも思いがけないほど凹む私。。。

(-.-)

10時前に帰ってきたじじは,上半身包帯ぐるぐるの状態で
手には食べかけのカツサンドを持っていた。

一緒に車から降りてきた先生は,
何度も頭を下げ,申し訳ないと謝ってくれた。

この先生,かなり髪の毛後退してるわ…と余計なことを思いつつ,
どうせ「またけが人かよ」「使えね~」くらいにしか思ってないんじゃないのと心の中で毒づきつつ。

こちらこそ御迷惑をお掛けして…と,
とってもとっても頑張って(!)感じよくご挨拶した(つもり)。


(-.-)

後でじじに話を聞くと,

整復のときは「死ぬほど痛かった」けど,ガマンした。
だけど,新人戦に出られないことが悔しくて,悔し涙に暮れていた…とか。

…じじってそんなに熱いヤツだったっけ?
いつの間にか,ラグビー大好きになってたんだねぇ。
じじに好きなものができたってことに,ちょっと喜びを覚えたりして。

手に持っていたカツサンドは,
先生が,「半分食うか?」と一切れくれたものだそうで。
きっと先生の晩ご飯だね。
全部食べられなかったのは,
手が上がらなくて,それ以上食べられなかったからとのこと。

あら,そうなん。

と,口元まで持っていってあげたら,
私の指までパクッと食いついてきた。
…まるで鳥に餌をあげてるみたいだ(^^;)

(-.-)

この日,所用で休みをとり,家に帰ってたとーちゃんが,
練習後で砂だらけのじじの体を拭いてくれた。
んで。
「こいつの頭,どうやって洗おうか?」と相談に来るとーちゃん。

無理なことはしなくていいから(-.-)
と私。

結局,じじがこれでいいと主張した,
蒸しタオルで拭いておしまいとなった。

こうして金曜日の夜は更けていく。

        つづく
         
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
野菜は語る
 
 
【2010/11/24 18:17】
 
 
長年,有機野菜を売りに来てくれる農家のアベさん。



週1回,朝イチにおばさんから電話。
おばさん「アベで~す」
私「はぁい」
おばさん「ほうれん草」
私「ください」
おばさん「いんげん」
私「要りません」
おばさん「白菜」
私「小さいのください」
…みたいな感じで注文。
夕方,おじさんがトラックで運んでくれる。

って流れだったのだけど。

ここしばらく電話がなかったので,
おじさんが倒れたんじゃないかしらん…と心配してた。
今年の夏,暑かったしね。
おじさん,うちに来るたびに,「疲れた,まいった」って言ってたし。


うーーーん。
どうしよう。。。。
こちらから電話しようにも,アベさんちの電話番号知らないし…。

と悩むこと1ヵ月。

アベさんから電話があった。

おじさんからだった。

なんと,倒れたのはおばさんのほうだった。

………。

おばさん(77)は集中治療室に入っているとのこと。

おじさん(78)に,「ご無理なさらないように」と言ったのだけど,

おじさん,畑でもやってないと気持ちが塞いでしょうがない…と。

そして,「もう売り物にはならないから,もらってください」と,
段ボールで大量の里芋とかぶとほうれん草を持ってきた。

…確かに。

里芋は妙にでっかくなってるし,
かぶはしわしわしているし。

そしてほうれん草は。
茹でたら太った青虫くん。

…今まで,どんなに手塩に掛けて野菜を作っていたのかとか,
今,おじさんがどんなに畑仕事に手がつかないかとか。

…なんか,野菜がぜーんぶ教えてくれてる気がした。

いつか。
どんな夫婦でも,どちらかが倒れ,どちらかが残り。
そして別れる。

多くの場合,一緒に…ってことはないんだよね。

そんな現実を目の当たりにしたのでした。



 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
勤労してないけど(^^;)
 
 
【2010/11/24 17:49】
 
 
昨日の勤労の日。

「ママは勤労してないけど
と言いながら,
にゃんちゅうがパウンドケーキの5切れセットを
プレゼントしてくれた\(^o^)/

あむやじじに食べられないように,
冷蔵庫の奥深くに隠してみた。




 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
気持ちだけありがたく…(^^;)
 
 
【2010/11/21 19:12】
 
 
じじと2人でテレビを見ていたら,
「お母さんの料理に文句をつける息子」
の場面が出てきた。

「おかーさん,かわいそうじゃんね~」

とじじ。

んで,私に何かしら言わなくちゃと思ったのか,

「オレ,かーちゃんのぐちゃぐちゃの目玉焼き,好きだよ」

と一言。

…じじく~ん。それ,なあんのフォローにもなってないから(^^;)

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
苦し紛れ
 
 
【2010/11/18 16:12】
 
 
にゃんちゅうの話。

大学で,英語のテストがあったそうな。

その中で解けなかった問題が一つ。

「問: 下線部を英訳しなさい」

下線部の日本語見ても,分からないものは分からない…はずなんだけど。


うーーーーん。
うーーーーん。

と頭をひねっていたら,ポッと答えが浮かんできたとか。

書こうかどうしようか少し迷った末,
解答欄を空欄で出すよりも…と書いた答えがこれ↓





「underline」



書いちゃったにゃんちゅうもにゃんちゅうだけど,
丸にした先生も先生だ(=^▽^=)

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
三度目の正直ならず!!!
 
 
【2010/11/14 20:53】
 
 
昨日,じじの入っているラグビー部の,
全国大会をかけた決勝戦がありました。

夜7時から地方局による録画中継があったので,
じじの解説つきで観戦しました。

前半折り返して後半戦。
あと7分で試合終了の時点で,相手校との点差は14点。

ここからの猛攻がすごかった!!!

トライを2つ決めて,
ロスタイムに入った時点で点差は4点。

あとワントライで逆転というところまで追い詰めました。

じじの大好きな先輩たちは,もう本当に。
本当に。
全力を尽くしていました。

見ていて泣けてくるくらい。

…けど,最後はノックオン(ボールを前に落とす)で試合終了。

これで,主力の3年生は引退です。
選手たちの思いとしては,
トライの後のゴールキック(コンバージョンというらしい)が3回中2回でも決まっていれば…とか,
あと数分,試合が続いていれば…とか,
いろいろあるみたいだけど。

「悔しい気持ちはあるものだけど,後悔はしてほしくない」

テレビ中継の解説の方のお話で,心に残った言葉です。

悔しいという気持ちと後悔と。
同じ「悔」という漢字を使う言葉だけれども,
そう,この2つは全然違うものなんだよね。

そして。

この一戦で
すっかりラグビー熱に取り憑かれたじじ。

こりゃ,大学受験は浪人決定だね(^^;)…と思い,
その算段を考え始めたりしたのでした(*^_^*)

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
社会の波に戻れない(^^;)
 
 
【2010/11/12 23:31】
 
 
今日はあむとにゃんちゅうと3人で,
あむのバイト先のお好み焼き屋さんにお昼を食べに行った。

昨日はあむ,本当は夜8時に終わるはずのバイトがいろいろあって(^^;)
結局ラストまで働いていた。

という前置きがあり。

お好み焼き屋さんに入るや否や,
「あむ!今,あんたのこと言ってたんだよ!!!」とパートのおばさんパート1。
「○○さん,カンカンだよ!」

そこから,パートのおばさんパート2(○○さん)が出てきて,
あれをやってなかった,これを申し渡していたのに出来てなかった…
と説教しだした。

…えっと。。。。
私とにゃんちゅうは入り口で突っ立ったままなんだけど。。。。

パートのおばさんパート1が,
「あ,どうぞ~♪」とにこやかに誘ってくれたので,
そのままお店に入ったけど。

あむはパートのおばさんパート2のお叱りを受け,
にこやかに謝り,
何事もなかったかのように私たちに話しかけるものだから。

…とっても居心地悪いまま,オーダーしたら,
パートのおばさんパート2には軽くスルーされた。
すぐにパートのおばさんパート1が出てきて,こちらもまたにこやかに
「気にすることないからね」とかあむにフォローを入れ,
「お母さんですか?」と私に話しかけてきた。

すっかり気圧されてた私,「すみません。いつもお世話になっています」と言うのが精一杯(^^;)

その後,
パート2のおばさんも気が済んだのか,
それとも接客しなきゃの意識にスイッチが入れ替わったのか,
まぁ,ちょいちょいスルーしつつも普通な感じになり。
廃棄処分のサラダとかローストビーフとか,こっそり持ってきてくれたりして。

…バイト先で怒られるのは,私,いいことだと思っています。
…そうやって学ぶことも多いしね。
…ましてや今日怒られてた内容聞くと,100%あむが悪いし。
…そういうのをきちんと怒ってくれる人は,むしろありがたいと思います。

だけど。

今日は,「嫁に行った娘が粗相して,お姑さんに怒られてるのを隣で聞いてる」みたいな気分で,
何だかとっても。。。と~ってもぐったりしました。

う~みゅ。

私,もともと打たれ弱いとは思っていたけど。
ここ数カ月,世間の風に当たってなかったら,
さらに打たれ弱くなったような。。。。

…パリパリ仕事をするおばさんがこわいっす(^^;)





 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
りぼん
 
 
【2010/11/10 12:01】
 
 
児童科に通っているあむ。

児童館主催「1週間遅れのハロウィンパーティ」にボランティアで参加したり,
畑でサツマイモ作ってお芋掘りしたり,
「そんなことも単位になるんだ」な授業がたくさんあって楽しそう。

んで。

「大学で使うから「りぼん」を買った」と言ってきたあむ。

私はてっきりプレゼントにかけるリボンかと思ったら,
見せてくれたのは少女まんがの『月刊りぼん』

今日,少女まんがを素材にした授業があるんだとか。

「(買うとき)マジ恥ずかしかった」んだって。

一人で,「姪っ子に頼まれた少女マンガはどれだろうと迷っている図」の小芝居した後,
レジに持っていったそうな。

今月号のりぼんの付録は,
「ラブきゅん『ふわふわポーチ』」と「おとなカワユすのストラップ」

(=^▽^=)(=^▽^=)(=^▽^=)

「私たちが小学生のときは段ボール製だったのに,今は随分リッパになってる」と驚きつつ,
「…これ,授業が終わったらどうすりゃいいのよ???」
と悩むあむ。

「大人かわゆす」だし,
「ラブきゅん」だし,
せっかくだから
使えばいいのにね~
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おもしろいじゃん♪
 
 
【2010/11/07 20:03】
 
 
じじのやってるラグビー。
ルールがよく分からなくて,見ても今イチおもしろくなかったんだけど。

一陽ちゃんが実地観戦されたという「明治大学×慶應大学」の試合を
たまたまテレビで見た。

ら。

すんごくおもしろかった\(^o^)/

勝ってるメージにあとワントライで逆転のケーオー。
これが猛攻また猛攻で,「いけるかも?」って雰囲気全開。

…結局,メージが死守して逃げ切った試合でした。

んで。
おもしろかったので,テレビ埼玉っていうローカル局で中継される,
「じじのガッコ×ケーオーシキ」の全国大会予選ってものを見ちゃいました。
ケーオーシキってのは,ケーオー大の附属校。

これがまた
大学ラグビーの再来かって展開で。

ケーオーシキ,あとワントライで逆転勝ち。

も~っ!ヒヤヒヤしました!!!

結局,シキの子がボールを落として試合終了。

じじのガッコ,めでたく決勝進出です。

少なくともあと1試合は楽しめる♪
とうれしい私(*^_^*)


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
人生に必要な知恵は…
 
 
【2010/11/02 20:34】
 
 
恒例になりつつある週末日記(^^;)

日曜日,じじが強歩大会だった日。

私,あむに怒った。

「『隠す』『ごまかす』『うそをつく』
ばれたら速攻「ゴメンなさい」でしょ!
あなたはママに一度でも謝りましたか?」


…………

『人生に必要な知恵は,すべて幼稚園の砂場で学んだ』
という本がありましたが。
   私は読んでないんだけれどね(^^;)

子供が19歳になった今でも,
怒ることって,幼稚園レベルなのよね~。

逆に言えば,社会で生きていくには,
幼稚園や保育園で教えられたことを守っていけばいいのかも。

すんごい素人考えなんだけど。

今,北や南で領土問題とかあるけれど。

これ,幼稚園だったら。
「オレのもんだ!」「違うっ!オレが先に取ったんだ!」のケンカでは,

①仲よく一緒に

②順番順番

③半分こ

のどれかだと思うんだよね。

そういう方向にはならんのだろーか???
と思う今日この頃。

…はい,つまんないこと考えました('◇')ゞ




 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
強歩大会
 
 
【2010/11/01 16:50】
 
 
今日は月曜日なのに,じじの学校はお休みです。

なぜなら。

昨日,学校の一大イベント(?)である「強歩大会」が開かれたから。

学校所在地から52㎞離れた地点まで,
7時間以内で辿り着く…というこの大会。
マラソンと歩け歩け大会をミックスしたようなものですね~。

1年生のじじは当然初参加。

事前にいろんな噂を聞いています。

「荷物(途中で食べる軽食,帰りの電車賃,雨道具,その他もろもろ)は
なるべく軽く,バッグは風呂敷包みがよい」
「風呂敷は,汗で体育着に色移りするからよろしくない」
「サロメチールは必携」
「ゼッケンの上部を開けて,大きなポケット代わりにするとよい」
「関所(10㎞,20㎞,25㎞…と,ところどころに保護者の方が休憩所を設けてくれている)では,梨が振る舞われることもあるが,下痢をするから食べてはいけない」

etc.etc....

そして先生からの事前注意には,

「関所で眠ってしまい,完走できなかった者もいるから,
関所ではくつろぎすぎないように」

友達に,「じじに向けた注意だね」と言われたそうな(^^;)

○。○。○○。○。○○。○。○○。○。○○。○。○○。○。○

そして当日。

「後で絶対後悔するって分かっているのに,オレ,すげー楽しみなんだけど♪」

と,初めてのことにわくわくしながら出かけたじじ。

結局,7時間まであと数分(具体的に数字を聞いたけど,忘れちゃった('◇')ゞ)
のところでゴールしたそうな。

足,いてーーー!

と言いながら,

「沿道で,おばあちゃんが『1年生,がんばれ~!』と応援してくれた」
「関所のお母さん達が優しかった」

と,楽しんだ模様。

台風じゃなくてよかったね(*^_^*)

 
 
 
▲TOP